周辺ガイド

ガイドマップ


<温泉>

・草津温泉

(車で約30分)

 全国的に知られている名湯。「湯畑」を中心に温泉街が広がっている。

 

 

・尻焼温泉

(車で約25分)

 川の中に温泉が湧き出す露天風呂がある。川遊びと入浴が一緒に楽しめる。

 

 

応徳温泉

車で約13分)

 道の駅「六合」内にあるのどかな温泉。日帰り温泉くつろぎの湯は、お宿「花まめ」が受付になっている。(※割引券有り!)

・バーデ六合

(車で約25分)

 六合温泉医療センター内の温泉施設。サウナ、温泉プールもある。(※割引券有り!)

 

 



・川原湯温泉

(車で約27分)

 八ッ場ダムのすぐそばにある温泉。共同浴場「王湯」が日帰り温泉として利用できる。 

 

・沢渡温泉

(車で約25分)

 昔から草津温泉の仕上げ湯としても知られたひなびた温泉。共同浴場も含め日帰り温泉が利用できる所がある。

・四万温泉

(車で約45分)

 「四万(よんまん)の病を癒やす霊泉」であるとする伝説に由来する。草津の上がり湯として肌に優しい温泉で人気。

・天狗の湯

(車で約35分)

 道の駅「あがつま峡」の敷地内にある日帰り温泉施設。体の芯から温まる泉質の良さが魅力とPRしている。 



<名所>

・暮坂峠

(車で約5分)

 

 日本ロマンチック街道沿い標高1098mにあり、日本百名峠の一つである。峠付近には漂泊の歌人・若山牧水の『枯れ野の旅』の詩碑がある。落葉樹、唐松の紅葉が美しく、毎年10月20日には牧水祭りが行われる。

 

 

・山の上庭園

(徒歩約3分)

 

 遊歩道が整備され、クリスマスローズ、シラネアオイ、コマクサ、オランダセダムというような、日頃見慣れない花々が見られる。ドライフラワーのリース作り体験、ハーバリウム体験もできる。館内には、地元の食材を生かしたレストランのほか、売店、ギャラリーがある。

・野反湖

(車で約45分)

 

 群馬・長野・新潟の県境近く標高1513mにある。「天空の湖」と称され、関東屈指の自然宝庫とされている。シラネアオイ、イワカガミ、レンゲツツジ、ニッコウキスゲ、コマクサ、マツムシソウなど10月初旬頃まで花の観賞が楽しめる。

 

・チャツボミゴケ公園

(車で約45分)

 

 強酸性の鉱泉が流れる所に育つ珍しいコケで、広範囲に自生しているのは非常に珍しく本州ではここだけらしい。群馬県の天然記念物に指定されている。春は新緑、秋は紅葉の中に見られ、どちらの時期もそれぞれ良さがある。

 



・白根山・芳ケ平

(渋峠まで車で約1時間)

 芳ヶ平湿地群は、平成27年に「ラムサール条約」に登録された。草津白根山(活火山)の荒涼とした原野から一歩踏み入れると、緑歌かな湿地が広がる。ワタスゲをはじめ様々な高山植物や天然記念物であるニホンカモシカ、日本固有種であるモリアオガエルの最高標高繁殖地やチャツボミゴケ群落など世界的に重要な生態系が存在する。(中之条町公式サイトより)

 

 

・八ッ場ダム

・道の駅「八ッ場ふるさと館」

(車で約25分)

 利根川水系吾妻川に建設中の多目的ダム。展望台から自由に工事現場を見ることができる。近くに道の駅「八ッ場ふるさと館」があり、直売所・足湯・売店・食堂などがある。高さ106mの八ッ場大橋の歩道からの景色は絶景で、足がすくむほどの迫力がある。

 ダムは2019年に完成予定で、「今しか見れない『八ッ場ダム』の建設現場の見学会」が開催中で、9/30まで予約不要・無料で見学できるらしい。

・旧太子(おおし)駅

(車で約12分)

 昭和46年に廃止になったが、かつてはこの奥にあった群馬鉄山(現チャツボミゴケ公園)で採掘された鉄鉱石を搬出するためにでき、戦後の日本の復興にも貢献してきた。

数年間から町の観光スポットにしようと復元整備が進められてきた。

 ホッパー跡、ホーム、駅舎などが復元され、レール上には貨車が展示されている。駅舎内は資料館になっており、当時の写真等が展示されている。

 

 

・赤岩地区

(重要伝統的建造物保存地区)

(車で約15分)

 赤岩地区は、平成18年に群馬県初の国の重要伝統的建造物保存地区に指定された地区で、高野長英が隠れ住んでいた湯本家を中心に、数多くの養蚕農家などが残っている。

 赤岩ふれあい家はコミュニティ施設で、駐車場・トイレがある。地元ガイドによる、幕末や明治の風情にしたっての案内散策は、旅をより一層楽しいものにしてくれる。(中之条町公式サイトより)